靴好きサラリーマンの徒然草

革靴に魅せられた30代サラリーマンが種々の物欲を曝け出す日記です。

【革靴探訪】ノーサンプトンに行きました

先日、イギリスに行ってきました。

靴好きでイギリスに行くとなると、ジョンロブ等のイギリス産の有名紳士靴が並ぶ買い物街であるロンドンのジャーミンストリートと共に、やはり多くのイギリス産紳士靴のファクトリーが集積する聖地ノーサンプトンに巡礼したくなるものです。

ノーサンプトンにはジョンロブ 、エドワードグリーン、クロケットアンドジョーンズ、チャーチ、トリッカーズ、チーニーのファクトリーがあり、生産過程で出たB級品をファクトリーストアでアウトレット価格として購入できます。

ということで、行ってきました、ノーサンプトン

私は月曜日に行ったのですが、クロケットアンドジョーンズは金、土しか営業していない、チーニーは徒歩では行けない距離に存在するとのことでしたので、私のフォーカスはジョンロブ 、エドワードグリーン、チャーチ、トリッカーズでした。

ロンドンのハリポタで有名なキングスクロス駅すぐそこのユーストン駅より、ノーサンプトンへ向かいます。

2週間ほど前にチケットを予約していたのですが…


10以上あるホームの中で、出発時刻の10分前まで、どのホームからの出発か分からないという非常にハラハラした展開でした。

乗車してからは特に面白いことも起きず、イギリスの田舎の車窓を眺めながら1時間弱でノーサンプトンに到着です。



この階段の下で、40代後半くらいの女性にコインをちらつかせて「両替してくれない?」と言われたのですが、「すんません、英語話せないんです」と言って乗り切りました。よく分からんかったのですが、ポンドを瞬時に判別できないことを良いことにした、詐欺だったんでしょうか。




さすがノーサンプトン、大きな靴のモニュメントと共に、街の歴史が書いてありました。

9時前くらいにノーサンプトンに着いたのですが、ノーサンプトンに着いてからは、タクシー乗り場(仮)に列が出来ている状況でした。

ということで、まずはノーサンプトン駅から一番遠い、ジョンロブのファクトリーへタクシーで向かいました。

「ジョンロブ のファクトリーへ」というとすぐに伝わりました。

ノーサンプトン駅からは8ポンド程度で、1ポンドチップを渡したら、ドライバーは親切に、入場場所と共に、入場方法を丁寧にタクシーから降りて教えてくれました。

入場したところ、親切な女性が繋いでくれました。


(許可を得て撮影しています)

話を伺うと、来る人の8割は日本人だそうです。

また、B級品であるアウトレット品と共に、過去に発売していたモデルの売れ残りも扱っているため、所謂B級品でない「perfect」なモデルも置いてるよ、とのことでした。

私の狙いはダブルモンクのウィリアムです。

一方で、マイサイズである6Eは無く…9.5Eでは置いてあった気がします。後日訪問したジャーミンストリートのジョンロブの店員にその事実を伝えたところ、「マイサイズやん、ええやん」とテンション高めに言っていたので、買いに行ったかもしれませんね。

ジョンロブについては後記するエドワードグリーンのファクトリーショップへ寄った後に再訪するのですが、結果として折角来たということもあるので、hampsteadというトゥ部分にブローグが施された外羽根のモデルを購入しました。

確か、靴自体が600ポンド程度で純正のジョンロブ のシューツリーをつけて9万5000円程度だったかと思います。

対応してくださった方曰く、これは古いモデルだが、B級品では無いとのことでした。

8以上のサイズであればシティ2等の有名モデルも置いていた印象です。

続いて15分程度歩き、トリッカーズへ。

途中の公園でリスがいました。





(許可を得て撮影しています)

トリッカーズについては、マイサイズでは目ぼしいものはなく、7.5のサイズで人気モデルバートンが置いていました。

一方でトリッカーズについては、ジャーミンストリートの正規店でバートンもSALE対象となっており、5000円程度(確か)上乗せて出せば正規品が買えるようでした。

続いて20分程度歩き、エドワードグリーンへ。



(許可を取って撮影しています)

こちらもマイサイズは少なく、8.0以上のサイズであれば、種類が豊富であった印象です。

ここでは、一目惚れしたsandringhamというモデルを購入しました。

靴自体で490ポンド、純正のシューツリーも併せて575ポンドで、8万ちょっとくらいです。

アウトレット価格の理由としては下記様の色ムラと言ってましたが、トゥ部分のブローグも結構欠けてたりと、「まぁ、アウトレット品だな」と納得のいく品です。

後日訪問したジャーミンストリートのエドワードグリーンでマルバーンがセールになっており、確か6.7ポンドくらいで購入出来たことから、こちらを購入しても良かったかな、と思いました。

店内にエドワードグリーンの各モデルをまとめたポスターがあり、「写真を撮っていいか?」と聞くと、「これくらいだったらあげるよ」とのことで、下記様のポスターを頂きました。

購入したsandringhamについても掲載されています。

そして前述の様にジョンロブへ戻り、ジョンロブ の方にタクシーを呼んで頂いてノーサンプトン駅へ、そこから歩いて10分程のチャーチへ。


店内は写真撮るの忘れました。

マイサイズではチェットウィンドが200ポンド代で置いていました。

所謂アウトレット品のアウトレット品の様なコーナーがあり、左右でサイズが異なっているコンサルが100ポンド代で置いていました。

マイサイズでは無かったのですが、過去に測定してもらった際に私も左右で足の大きさが結構異なっていたこともあり、マイサイズだったら有りでした。

ということで買い物も終了し、予約していた電車まで時間もあったことから、ノーサンプトン駅周辺をブラブラし、10分程度歩いた中華屋に入りました。


タイガービール含めて1700円くらいでした。海鮮チャーハンはボリュームもあり、中々の美味でした。

結論として、イギリスサイズで8.0以上のサイズの方であれば種類も選ぶことが出来、お値打ちな買い物が出来る印象でしたが、私の様な6.0付近の小さな足の方だと、選べる種類も少ないので、ジャーミンストリートで正規品やセール品を狙った方が良いのかなと思いました。

セール品でなくとも日本よりはかなり安く買えますし、、、

一方で、憧れのノーサンプトンに巡礼でき、個人的には大満足でした。

また購入した靴に関しては後日紹介させて頂きたいと思います。

【1年半の経年変化】BALLY SCRIBE (バリー スクリーブ)のオールメンテ

先週から仕事が始まり、1週間が経ちました。

このタイミングでの3連休は何とも嬉しいですね。

なんやかんやで年末年始にガッツリと靴を磨く時間が取れなかったため、この3連休で数足磨きました。

私はおおよそ4回ほど履いた靴を磨くようにしています。

毎回鏡面磨きを施すようにしていますが、毎回鏡面を落としたりはせず、塗り重ねています。

一方で、さすがに鏡面を落とさないと、クリームを塗ったとしても、栄養分がその部分に入りません。

そのため、4ヶ月に一度程度は鏡面を落としきった上で靴を磨いていくフルメンテを行います。

今回は、購入から1年半が経過したBALLY SCRIBEのフルメンテを行いましたので、書いてみます。

kutsu402647i.hatenablog.com

①鏡面を落す

私はトゥ部分しか鏡面磨きを行なっていません。

そのため、馬毛ブラシでホコリを落とした後に、まずはハイシャインクリーナーを布に取り、トゥ部分の鏡面を落とします。



片足の鏡面を落としきるまでに、実に3回の塗布が必要でした…

ハイシャインを落としきった靴の状態がこんな感じです。

トゥ部分から光という光が失われました。

②古いクリームを落とす

ステインリムーバーを用いて靴全体の古いクリームを落としていきます。

そしてこのような感じになりました。



最早全体的に微塵の光までありません。

③デリケートクリームを塗布してブラッシング

言わずもがなです。

少し置いてからブラッシングします。


鏡面を毎回落としていたわけではないため、なかなかトゥ部分に水分が行き渡っていませんでした。

今回は鏡面を落としたことにより、トゥ部分にも水分が行き渡り、水を得た魚の字の如く上品な輝きを取り戻しています!

④油性クリームを塗ってブラッシング



クレム 1925 を塗り、少し置いてからブラッシングを行い、セーム革で余分なクリームを落とします。



デリケートクリーム塗布後よりもかなり輝きを増しました!
あたかも瑞々しいマスカットの如く艶々していますね。

⑤鏡面磨き

トゥ部分へのワックス塗布後、ネル生地で、水→ワックス→水→ワックスの工程を繰り返します。




あたかも朝露に濡れた瑞々しいシャインマスカットのごとき輝きとなりました。

購入してから1年半程経過しており、一度雨にガッツリ降られてしまったせいか、中々の深い皺が入っていますが、それも含めてアジであり、愛らしく思えます。

こちらのBALLYは靴磨きや靴に興味を持つキッカケとなった一足ですので、一生大事に履いて行きたいと思います!(少なくとも天気予報は見るようにします。ごめんよ、BALLY、、、)

【物欲】カード入れが欲しい

皆様、明けましておめでとうございます。


楽天ポイントが1万ポイント程度溜まっており、何か買える物ないかなーと考え出してから楽天を見出すと物欲が生じてきます。


というわけで、2020年初の物欲の幕開けです。


今欲しいものが、カード入れです。


カード入れと思しきものはいくつか持っています。


kutsu402647i.hatenablog.com



kutsu402647i.hatenablog.com


当然、財布にもカードは入りますし、iPhoneケースにも多少のカードは入ります。


しかしながら、iPhoneケースやキーケースはiPhone、鍵を使用する時が本分な訳で、なんとなくそれぞれの活用場面を分けたいというこだわりがあったりします。


例えば、上記のガンゾの名刺入れは名刺しか入れていませんし、パスケースに関してはクレジットカードやPASMOなど、所謂交通系電子マネーを含むカード支払い用の物しか入れていません。基本的にどこでもEdy払いを行うため、こちらのパスケースを持ち歩けば財布無しで1日過ごせます。そのため、コンビニでのポイント用にTカード、pontaカードもこちらのパスケースに入れています。


また、財布については主に貨幣を取り扱う際に必要になる銀行カードや保険証、運転免許証を入れています。


上記の枠組みから漏れてしまうもの、それはポイントカードですね。


「ポイントカードって結構スマホアプリ化されてるやん」と思われるかもしれませんが、例えばクリニックや美容院など、まだまだ電子化されてないものって結構ありますよね…


頻繁に行く訳では無いので、たまに行った時に「カード、どこあったっけ?」となりがちです。


そこで収納力があるカード入れが欲しいわけです。長年革を楽しめるなら尚良しです。


というわけで、4つの候補を整理してみます。



①GANZO シンブライドル カードケース
www.ganzo.ne.jp


やはり革小物というと個人的に第一候補はGANZOになります。カードポケットが13枚付いており、収納力
には問題無しです。


GANZOのシンブライドルレザーは何度か紹介したパスケースを持っており、長年の経年変化を楽しめることも個人的にエビデンスを有しています。

一方で、革部分は長年の変化を楽しめそうな一方で、内部のカードを入れるプラスチック部分がすぐにダメになってしまいそうな点がネックです。


②GANZO シンブライドル カードケース
www.ganzo.ne.jp


12枚のカードケースが入り、パスポートや領収書も入れる事ができ、収納力は問題無しです。

そしてこちらもGANZOのシンブライドルであり、革のみの使用であることから、経年変化を長年楽しめます。

一方でサイズの観点から持ち運びに困難さが生じる点、3万円以上と高価になる点がネックです。


③キプリス シラサギレザー カードケース
item.rakuten.co.jp

12枚のカードケースが入り、サイズも丁度良く、値段もGANZOの半額程度です。

シラサギレザーとは、キップレザー(生後6〜24ヶ月以内の牛の皮)を姫路のタンナーがなめした国産レザーであり、姫路城(白鷺城)から名前を取った革です。


④栃木レザーを使用したカードケース
item.rakuten.co.jp


値段が安価であり、サイズもコンパクトで大容量が収納できます。


栃木レザーとは名前の通り、栃木で生産されている国産レザーであり、経年変化によってかなりのアジが出てくることが特徴のようです。


出来れば溜まった楽天ポイントの範疇で購入したいため、③か④を購入したいと思います。


また購入したらブログにもupしたいと思います!

オールデン1339 チャッカブーツを磨く

12月初旬に書きためていたのですが、当方、あまりの忙しさに図らずも更新が年末になってしまいました…

チャッカブーツって夏は履かないですよね。

秋〜冬になると出番が出てくるかと思います。

というわけで、8月に磨いてから、夏眠状態に入っていたオールデン 1339の出番が来だしたので、復活の磨きを行いました。
kutsu402647i.hatenablog.com

kutsu402647i.hatenablog.com



理由は良くわかりませんが、謎の白い部分が出現してしまってます。寒さでクリームが浮いてきてしまったのでしょうか?一方で同じシェルコードバンを使った990やタッセルには起きない不思議です、、、


(分かりにくいかもしれませんが、糸の部分に謎の白みが…)

まずは馬毛ブラシで埃を落とし、ステインリムーバーで古くなったクリームを落としていきます。


こんな感じで、やや光沢が失われた状態になりました。

次に、デリケートクリームを全体に塗布し、また馬毛ブラシでブラッシングします。


そして、オールデンの純正クリームを塗布します。

コードバン用クリームは伸びや浸透率があまり高くないイメージがあります。塗った後はなんだかベタベタになってしまいます…

ここからは、コードバン特有の靴磨きのフローになってきます。

肩もみ等で使用される水牛の角から出来た「かっさ棒」を使用し、コードバンの毛羽立ちを直していきます。

コードバンは元々起毛している表面を潰している革です。例えば雨などに降られた場合、雨の跡が白く残ってしまうことがありますが、こちらは潰した毛が立ち上がってしまうからのようです。

そちらを水牛の角のような硬く、かつ表面が滑らかなもので潰してしまうわけです。

本来は靴に使用する専用のアビイスティックなるものがあるようですが、私はAmazonで安価に買えるかっさ棒を使ってます。

アビイスティック8000円は流石に高いです…

横→縦とどの箇所も潰していきます。

その結果こんな感じになります。

拡大するとこんな感じ。

ここから本当に綺麗になるのかと絶望するところですが、馬毛ブラシとセーム革で磨いていきます。

その結果が下記です。


非常に綺麗に仕上がりました!

春のシーズンが終わるまでこれから半年間、きっと大活躍してくれることでしょう!


こちらのオールデン1339は購入してからちょうど1年程度になり、丁度良い色気が出てきました。

GANZO ガンゾ ブライドルレザー システム手帳を磨く

毎日使っているシステム手帳ですが、当然帰宅時にはカバンにしまわれており、わざわざ家で出さずに翌日また職場に向かいます。

家の中であまりシステム手帳を広げる機会はそうそうありません。(もっと仕事しろよと突っ込まれそうですが…)

そのため、システム手帳を磨く機会を逸し続けてきたわけでした…

かれこれ半年ほど磨いていなかったような…

ということで、こちらのブログで紹介したことをキッカケに、磨いていきたいと思います。

kutsu402647i.hatenablog.com



(磨く前の画像です。)


まずは馬毛ブラシで埃を落とします。


次にモウブレイのステインリムーバーを使っていきます。

と言いたいところですが、こちらを使うべきか悩ましいところです。

というのも、過去にブライドルレザーの財布をしようしていた際に、こまめにステインリムーバーを使用して磨いていたところ、革に染み込んでいるロウが少なくなってしまったのか、ツヤがあまり出なくなってしまいました…

そのためブライドルレザーの場合は、あまりステインリムーバーを使用しない方が良いのではないかと考えたりします。

そのため、何となく気休めかもしれませんが、ステインリムーバーの代りにこちらを使います。

デリケートクリームです。

デリケートクリームは水分を多めに含んでおり、かつどの革にも使用できる(スエードは厳しいですが)万能クリームです。

水分を多く含んでいる点で、ある程度の汚れ落としも期待できるのではないかと思われます。(間違ってたらすみません)

そのため、デリケートクリームを汚れ落とし代りに使いました。

その後馬毛ブラシでブラッシングし、コロンブスのブライドルレザーレザークリームを塗っていきます。

馬毛ブラシでブラッシング後、セーム革で余分なクリームを落とします。

そして仕上げに山羊毛ブラシでブラッシングします。

そして仕上がったものがこちらです。


磨く前と比較すると、なんとなく光沢感が均一になった気がします。

before

after

仕事を引退することまでにはどんなアジのあるシステム手帳に仕上がるのか、想像しながらしっかり磨いていきたいと思います。

【経年変化】GANZO ガンゾ ブライドルレザー システム手帳

サラリーマンにとってビジネスで欠かせないもの。

はい、システム手帳ですね。

というわけで、私が普段愛用しているシステム手帳がこちらになります。

www.ganzo.ne.jp

GANZOのブライドルレザーのシステム手帳になります。

予定管理はほぼほぼアウトルックで行っていますが、todoチェックや会議時のメモに便利で、私の仕事の相棒です。


(ここに無駄にtodoを書いて塗りつぶし、仕事した感に悦に浸るのが私のルーティンです)

こちらのシステム手帳ですが、奥さんへの婚約指輪のお返しにもらったものです。

我ながらどんだけGANZO好きやねんと思いますが、パスケースは奥さんから誕生日に、定期入れは就職祝いに両親にもらったものであり、今回ご紹介したシステム手帳を含めて3つのGANZO製品を手にして初めて自身で購入したものがシェルコードバンの財布になります。周囲が私をGANZO好きに仕立て上げたのです。

kutsu402647i.hatenablog.com

kutsu402647i.hatenablog.com

kutsu402647i.hatenablog.com


そんなブライドルレザーのシステム手帳ですが、使い出してから2年経過した姿がこちらになります!


(最近は個々の革製品の経年変化を楽しみたいが故に、革製品ごとのiphoneフォルダを作る自分に軽く引いていますが、頂いた際の新品の姿は写真に収めていませんでした・・・)


少し傷が目立ってしまっていますね…使い込んでいるほど仕事をしているとポジティブに捉えましょう。(私の鞄の中がひたすらに散らかっているというのは置いておいて)

ただ、程よく使い込み、アジが出てきている点でこちらも非常に気に入っています。

特に内部の左側のシボ革につきましては、閉じた際に右のシボ革のページが重なる部分と重ならない部分で全く色の濃さが異なっており、経年変化の様が見て取れます。

一方で、何故同じ内部でここまで色の違いが出てくるのか、全くもってメカニズムが謎です。

ブライドルレザーは蝋を含んだ革が使用されており、馬具として使用されるほど堅牢な革です。

パスケースではあまり気付きませんでしたが、A5のシステム手帳クラスのサイズになると、革の分厚さ、堅牢さに否が応でも気付きます。

「婚約指輪のお返しって一生使えるものをもらうものでしょ!システム手帳って一生使えないでしょ!」というツッコミを受けるかもしれませんが、私はこちらのシステム手帳を一生使い続けてやろうと思ってます!

ということで、次回はこちらのブライドルレザーのシステム手帳を磨いていきたいと思います。

【経年変化】GANZO ガンゾ 名刺入れ

サラリーマンにとってビジネスで欠かせないもの。

はい、名刺入れですね。

私の社会人としてのキャリアはまだまだ浅いものの、5年間使用しているのがこちらになります。


www.ganzo.ne.jp



GANZOのコードバンを使用した名刺入れです。

5年半使用したその経年変化を早速貼りたいと思います!(購入直後の写真は残っていませんでした…)




以前ご紹介したブライドルレザーのパスケースと比較すると、内部のヌメ革の経年変化は少ないように感じます。

kutsu402647i.hatenablog.com


パスケースの場合はシボ加工が入っている点で少し違いがありますが…


GANZOのコードバンとしては、私はシェルコードバンを用いた財布を使用しています。

kutsu402647i.hatenablog.com


シェルコードバンといえばアメリカのホーウィン社のコードバン皮革になりますが、今回ご紹介した名刺入れはシェルコードバンではありません。

日本の新喜皮革という会社がなめしたコードバンを使用しているようです。

同じコードバンであっても、結構異なる点が興味深いです。

左がシェルコードバンの財布、右が新喜皮革の名刺入れになります。

写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、同じコードバンであっても結構違いがあって興味深いです。

シェルコードバンについては、購入時からテカテカであり、使用しているとそのテカリ具合が増していきます。

一方で、新喜皮革については、購入時はテカリ具合はかなり控えめです。使用年月が増え、磨いていくと光出すイメージです。

段々と光沢を放ち、そこまでテカテカに光らない新喜皮革のコードバンは何とも上品で、大変気に入っています。

磨くと光る謙遜した光沢がなんとなく日本のイメージと一致します。

5年半使用したもののまだまだ綺麗で今後もまだまだ使用できるかと思いますので、大切に育てていきたいと思います。